最強のドライオーガズムを!前立腺直撃の大型エイリアン【MZ-BIG】 モニター様の声

女性にのみ与えられた超快楽を男性の手に!

前立腺直撃パルス大型エイリアン!

モニター様の声1

   〜〜この快感、一度知ったらクセになる〜〜
        千葉県にお住まいのK.N様からの投稿

(Twitter ID:@ero_ken_ero http://twitter.com/#!/ero_ken_ero
〜その迫力に驚き〜
梱包を開けて、それを初めて手に取った率直な感想は「デカイ」でした。これまで使用したどの類似の商品よりも大きく、ズッシリと重い重量感その迫力に圧倒されました。
なんの引っ掛りもなく滑らかに処理され黒光りする表面、先端に取り付けられた金属のボール、その物々しさからこれから起こるであろう事を、期待せずには居られません。

〜その期待は現実に〜
早る気持ちを押さえて、準備に取り掛かります。今回エレクトロエイリアンMZ-BIGを使用するに当たって、低周波治療器はオムロンHV-F128、潤滑剤にリューブゼリーを用意しました。

直腸の洗浄を済ませてベッドに横になります。潤滑剤をアナルの内と外に満遍なく塗り、そしてエレクトロエイリアンMZ-BIGにも塗ります。準備が整ったところで、アナルに軽くあてがいます。最初は実物が想像より大きかったので入るか心配でしたが、意外と簡単にスルリとアナルの中へ収まっていきました。しかし、簡単に挿入できたと思ったその瞬間、全身を快感が駆け巡り思わず声を出してしまいました。おそらく先端に付けられた金属のボールが前立腺を直撃したものと思われます。そして今まで味わった事のない圧迫感、逆にこの圧迫感が更に前立腺を刺激します。この時点で、他のどの類似品よりも気持ちいい・・・

他の類似品同様、直腸に馴染むまで少し時間を起きます。しかし呼吸に合わせてアナルが緊張と弛緩を繰り返す度に、前立腺が刺激され声が漏れます。直腸に馴染んだ頃、意識的にアナルを緊張・弛緩させると、更に強い快感が全身を駆け抜けます。とくにチンポの付け根あたりに何とも言えない気持良さがあります。それは強い射精感にも似た、しかし射精はしてない何とも不思議な感覚です。でも不快ではなく、とにかく気持ちいい。そしてカウパー腺液が止めどなく溢れてきます。暫く深い呼吸と共にアナルの緊張と弛緩を繰り返していると、いきなり絶頂がやってきました。全身の緊張と共に無意識に声がでます。まずは一回目のドライオーガズム到達です。

〜強烈な快感の波にのみ込まれ〜
エレクトロエイリアンMZ-BIG単体でドライオーガズムに到達した後、その余韻が消える前に低周波治療器の電源を入れ、徐々に出力を上げていくと、自分の意図しないタイミングでエレクトロエイリアンMZ-BIGが勝手に動き出し、容赦なく前立腺を刺激してきます。一度ドライオーガズムに達した身体は簡単に絶頂へ上り詰めます。全身が硬直し言葉にならない声を発し、それはまるでエレクトロエイリアンMZ-BIGに支配されているかのように・・・。
時には小刻みに叩かれ、時には強烈に突き上げられ、時には前立腺を直に摘まれているかのような、変幻自在の刺激で容赦なく前立腺が責め立てられます。その度に身体は硬直し強烈な快感の波にのみ込まれていきます。

他の類似品でもドライオーガズムを経験していますが、ここまで強烈に何度も繰り返しドライオーガズムが襲ってくるのは、このエレクトロエイリアンMZ-BIGが初めてです。また他の類似品にない特徴として、極めて短時間でドライオーガズムに到達することができました。これまではドライオーガズムに到達するまでに1時間程度要していたものが、このエレクトロエイリアンMZ-BIGでは挿入から15分足らずで1回目のドライオーガズム、その後1時間程度で何度ドライオーガズムに到達したか分からないくらいです。最後の方はいわゆるイキっぱなしの状態に、全身が硬直と弛緩を繰り返し頭の中は真っ白・・・。こんな経験は正直、初めての経験でした。

〜持続する快感〜
数え切れない位ドライオーガズムに到達し身体はグッタリ、充分快感を堪能したのでエレクトロエイリアンMZ-BIGをアナルから抜き取りシャワーへ、潤滑剤を洗い流そうとシャワーヘッドをアナルに押し付けてシャワー浣腸・・・、お湯が直腸に入ってきた瞬間、本当に驚きました。なんと浣腸でイッてしまったのです。エレクトロエイリアンMZ-BIGの刺激で敏感になっていたのか理由は分かりませんが、お湯の注入・排出でドライオーガズムに到達するとは、これも初めての経験です。試しにアナルに指を挿入し前立腺に触れてみると、またしても強烈な快感が全身を襲い、思わずバスルームの床にへたり込んでしまいました。

ひと息ついて、このレポートを書いていますが、またエレクトロエイリアンMZ-BIGの刺激が、欲しくなってきました。早くレポートを書き上げて、またあの強烈な快感を味わいたいと思います。もうすでにエレクトロエイリアンMZ-BIGの虜になってしまいました・・・。

以上のように、このエレクトロエイリアンMZ-BIGは、初めての経験ばかりで、それも今までに経験したことのない、強烈な快感をもたらしてくれました。これからのアナニーライフに置いて、このエレクトロエイリアンMZ-BIGは無くてはならない存在になったことは、間違いのない事実です。

今回、どこの誰だか分からない、この私をエレクトロエイリアンMZ-BIGのモニターに選出してくださいましたこと、この場をお借りしてお礼申し上げます。
この度は、本当に本当にありがとうございました。

 〜No ElectroALIen No Life〜

   エネ太郎様からの投稿
店主さま


結論から言うと、小1時間ぐらい失神してました。
「最初は弱めで試してくださいね」と言われてたんだけど、こちらもエイリアン使いとしてはベテランの域だと自負しているのでいつも通りの強さでトライしてみる。
アナルも前立腺もそこそこ鍛えてるつもりだったが、甘かった。
これは凶器になりうる。
前作MZは前立腺直撃ボールが付いていて、その刺激が強烈だった。
うまく前立腺にヒットすると脳に雷鳴が轟き、体は勝手に痙攣する。
だが問題はその小ささで、遊んでいるうちにどうしても肛門から飛び出してくる。
だから私を含むMZ使用者は、MZのBIGタイプを望むとリクエストを出した。
そして出来上がったのがこのMZ-BIGだ。
この大きさなら勝手に飛び出してくる心配はなく、思う存分快感に浸れるだろう。
ただ一抹の不安は、特徴である前立腺直撃ボールの大きさである。
本体が大きくなった分、直撃ボールも大きい。MZの3倍ぐらいはあるだろうか。
これに電流が流れるのを想像すると、ちょっと怖いかも…。
でも結局は快楽への欲求には勝てず、早速アナルをマッサージ。
いきなりBIGはキツイので、エネマグラ系の細いやつからプロガズムへと
順番に太いのを入れ、準備を整え、MZ-BIGを挿入。
普段、BIGも愛用しているのでサイズ的な問題はないが、先端に直撃ボールが付いているというだけで、もどかしく切なく気持ちいい。
ひどく敏感な部分をただ押さえられている、しかも冷たい金属で。
この感覚が大好き。未だにMVを使っているのもこれが味わいたいからだ。
まだ電気は流さない。
一旦電気を流してしまうと、このもどかしい気持良さが完全に消えてしまう。
なのでたっぷりもどかしさを楽しみつつ、乳首サワサワなどで自分を盛り上げていく。
さて、いよいよメインイベントである。
乳首にパルスクリップを装着、低周波治療器に取り付ける。
MZ-BIGにも別の低周波治療機を取り付ける。これで相乗効果を狙うのだ。
そして両方のスイッチを入れる。
がーーーーーーん!
予想外の衝撃にパニックになってしまう。これはキツい!
MZの時は“脳に雷鳴が轟く”と表現したが、MZ-BIGは正に“落雷”だ。
その上、電撃直撃ボールが大きいため、本体が多少動こうが常に前立腺をキープをしており、衝撃が連続するのだ。
しかも間の悪いことに低周波治療器の電池を入れ替えたばかりでパワーが強かったのだろう。気がつけば小1時間ぐらい経過してました。

エイリアンで失神したのは初めてです。ちなみにちょっと失禁もしてました(笑)
これは扱うのにコツがいるなぁ(笑)

その後、今度は弱めの電流で試してみたんだけど、電極ボールの刺激はちょうどよくても、あまりに弱いとエイリアンが動かないからガンガン突かれる系の快感は味わえない。 ガンガン突かれる系の快感を求めると、脳に雷が断続的に落ちる。
このあたりのバランスをどう取っていくかが今後の私の課題かも。

   ハンドルネーム:TTT様からの投稿
まず、初めに手に取った率直な感想は「デカい」でした。
想像以上にデカいのです。そして、一抹の不安が・・・
と、同時に黒光りするある種禍々しいとも思える本体に期待も膨らみます。

不安と言っても受け入れることに関しては普段から慣れている為、大きさに関しての不安は少ないものの、過去に使用したことのあるエネ●グラ等の前立腺マッサージ器具は大きすぎると動きが悪いという難点があったからです。
かといって小さすぎると動きすぎて的外れになる訳ですが…
これに低周波が重なってところで果たしてドライに達するものなのかと。

ドライ経験者の方はお分かりかと思いますが、ドライに達するにあたり、「動き」と前立腺に「当たる」事は最低限の必須条件なんです。

とはいえ、考えても仕方が無いので、期待で手が震えるのを抑えつつ、試しに挿入してみました。

挿入直後に不安は一蹴されてしまいました。
挿入するだけで、なんとも言いがたい快感が襲ってきました。
見た目の大きさとは異なり、圧迫しすぎることなく程よい刺激を与えてくれます。

先端部の金属のボールもなのですが、その下にある大きな2つの山のおかげで、前立腺に程よい刺激を与えてくれるのだと思います。

正直なところ、このまま放置していてもすんなりドライに達しそうだったのですが、それではエレクトロエイリアンの意味がないので、低周波治療器のスイッチを入れ、徐々に出力を上げます。

ここで更なる刺激が襲います。
他の前立腺マッサージ器具は自身のアナル周辺の筋肉の収縮によって動かさなければならない為、「待ち」が必要ですが、MZ-BIGの場合、その必要がなくいきなりピークに持っていくので、スイッチを入れた数分後には我慢汁が溢れ出し、チンポがドロドロになっていました。
その後、乳首を刺激すると同時に全身が硬直し、全身が小刻みに震えながらドライに達しました。
他の前立腺マッサージ器具ではこのとき、前立腺を押さえつける状態になるのですが、MZ-BIGの場合、この時でも、前立腺を刺激し続けるため、ドライ以上のドライを経験出来た気がします。

その後も、MZ-BIGは動き続けるので、お構いなしに責めてきます。
全身に鳥肌が立ち、背筋がしびれているいる感じが継続し、短時間で何度も何度もドライに達する事が出来ました。
回を重ねる毎に快感は増します。

昼間の使用ということもあり、ご近所も気にせず、大声で叫びながら、何度も何度も快感に溺れました。

気が付けば、3時間以上使用していたので、使用し続けたい衝動を抑えつつ、 終了しようと気を抜いたところ、突然今までと異なる快感が襲い、 チンポの先から漏れ出すようにダラダラと精液が溢れ出していました。
あまりの快感に白目をむいたような状態となったものの、 さらなる快感があるかもと期待し、少し出力を上げたところ、 先ほどの射精から2〜3分でまた射精してしまいました。
そして、その直後にまたドライが襲い掛かりました。

今までにこんな経験はなく、少々混乱しつつも快感が襲い続けるので、 このまま続けるか、終了するかで悩んでいたところ、 今度は突然強く押し込むような刺激が連続で襲い、 最終的に潮まで吹いてしまいました。

終了後もなんとなく、前立腺が痙攣しているような切ない感じが継続していたので、 結局、その日の夜も3時間ほど使用してしまいました(笑)

他の前立腺マッサージ器具では、 ドライかトコロテン射精のどちらか一方の快感しか楽しめませんでしたが、 MZ-BIGは確実に何度もドライに達するだけでなく、 トコロテン射精に加え、潮吹きまでさせてくれるなんて、 今後、絶対に手放せない存在になりました。

このエレクトロエイリアン MZ-BIGは、 見た目とは大きく異なり、繊細かつ大胆な動きで責め立ててくれます。
そして確実に的確に最高の刺激を与えてくれます。

正直なところ、他の前立腺マッサージ器具では、満足できなくなりました。

私自身MZ-BIGが、初エレクトロエイリアンとなったわけですが、 今後も、エレクトロエイリアン MZ-BIGを更に研究しつつ、 機会があれば、他のエレクトロエイリアンも試してみたいとの期待が膨らみました。

商品ページはコチラへ